英文書に親しんでおけばよかったという小話的な

ここ最近特に英文書に触れる機会が多くなったな、と。

とはいえ触れる機会が多くなっただけで、決してスラスラ読めるわけでもありません。

全体を読んでなんとなーく雰囲気を読み取って、「ああ、なるほどね」みたいな感じです。

その後の挙動確認の際なんかには「え?」に変わることがほとんどですが。

それでもこう、なんか、外国語に触れてるだけで頭が良い感って感じませんか?

インテリジェンスに触れてるぜ、みたいな。私だけでしょうか。

いやそんなん感じる前に読めよって話しですが。

そうは言いつつも実際、ある程度英文書が読めるってだけで大分違いますね。

情報の量も質も段違いに変わります。

ちょっとコアな部分になるとほとんど検索結果は英語のページになります。

学生時代は「日本語できりゃいーじゃん」と思ってましたが、そんなこともありませんでしたね。

正直日本語も怪しいもんですが。