真っ向からぶつかって負けた時の敗北感

いやあ…少し応えましたね。

ここ最近で一番精神的に打たれた気がします。

何かって言うと、要は

面接のステージにすら立てなかった

ってことです。

企業から届いたメールには、「ポートフォリオを拝見しましたが」と書かれてありました。

企業側としては実力を判断する箇所がそこしかありません。

その上での先程の返事なので、つまりは「実力不足」と推測できるわけです。

とてもありがたいことではあるんですよね。

単に「不採用」だとどこが不味かったか分からないですし。

企業側に非は全くありません。

なので、物凄く単純に考えるならば、これから実力をつければいいわけです。

ある程度建設的なところを語るとすればこんなところでしょうか。

その上で、今の心境を語るとね、

結構心にきました…

これまでの経験で言えば、採用活動の始まりは面接か筆記試験でした。

面接では論理的説明力とか人間性とか事前準備とか、そういった「対人能力」のようなものを判断されます。(という私の勝手な認識です)

筆記試験は種類にもよりますが、思考力とかを判断されます。(という私の勝手な認識です)

今回のポートフォリオは「成果物」です。成果物でスキルを判断します。
純粋に実力勝負なわけです。そしてその「実力」で興味を惹くことが出来なかった。

これがつらかったですね。

結構致命的だと思いました。

「お前向いてないよ」

って言われたみたいでね。まあ言ってるのは心の中の自分なんですけどね。

「頑張って作ってもそんなものか」と思いました。
別に頑張ったからプラスで認めてくれ、とかではないです。

頑張りは成果物の構成要素ではないですからね。

でも本音を言うと、面接まではこぎつけられるだろうと舐めてた部分はあります。
そういう意味では目が覚めました。

企業の方には感謝しないといけません。

やる気をなくす暇もないんでしょうけど、土日はスキルの確認くらいしかしてないです。
新しいことは何もしてません。このサイトのタイトル通りの状態です。

とりあえず、この記事を書いて昇華したいと思います。

駄文もいいとこでしたが、ここまでありがとうございました。