【WordPress】基本的な条件分岐のタグまとめ

https://wpdocs.osdn.jp/

WordPressではページの種類に応じて、表示や内容を変更することができます。
この時、変更基準に用いられるものが条件分岐タグです。

記述のかなり大まかな流れとしては、「どの種類のページか?」⇒「ページに応じた表示する内容の記述」となります。

今回は基本的な「どの種類のページか?」を判断する条件分岐のタグをまとめています。

条件分岐タグ

トップページ

サイトのトップページの判断には、is_home()を用います。

<?php if(is_home());?>
トップページの内容
<?php endif;?>

投稿ページ

投稿ページの判断には、is_single()を用います。

<?php if(is_single());?>
投稿ページの内容
<?php endif;?>

投稿IDを指定した場合です。下の例では、投稿IDが「5」のページかを判断しています。

<?php if(is_single(5));?>
投稿IDが5の記事の内容
<?php endif;?>

タイトル名で指定した場合です。

<?php if(is_single('タイトル名'));?>
'タイトル名'のページの内容
<?php endif;?>

固定ページ

固定ページの判断には、is_page()を用います。
投稿ページの場合と同様に、引数にIDやタイトル等を入れることも可能です。

<?php if(is_page());?>
固定ページの内容
<?php endif;?>

指定ページ

自分で用意したphpファイルでページが生成されている場合の判断には、
is_page_template()で判断します。

下の例では、「myfile.php」で生成されているページかどうかを判断しています。

<?php if(is_page_template('myfile.php'));?>
'myfile.php'で生成されるページの内容
<?php endif;?>

カテゴリーアーカイブ

カテゴリーアーカイブの判断には、is_category()を用います。

<?php if(is_category());?>
カテゴリーアーカイブの内容
<?php endif;?>

年別アーカイブ

年別アーカイブの判断には、is_year()を用います。

<?php if(is_year());?>
年別アーカイブの内容
<?php endif;?>

月別アーカイブ

月別アーカイブの判断には、is_month()を用います。

<?php if(is_month());?>
月別アーカイブの内容
<?php endif;?>

日付アーカイブ

日付アーカイブの判断には、is_day()を用います。

<?php if(is_day());?>
日付アーカイブの内容
<?php endif;?>