【GIMP】基本的な使いかた+αのまとめ

2019年5月24日

大学を卒業してからというもの、GIMPを使う機会が増えました。

講義のポスター作成に利用して以来全く触れてなかったのですが、今後も継続して利用することが想定されます。

利用していて自分が感じた、エッセンス的な部分をまとめたいと思います。

画像の切り抜き

文字通り、画像を切り抜く方法です。

  1. メニューから切り抜きを選択
  2. ドラッグして範囲を選択する
  3. 四隅の正方形内のどこかをクリックすると、切り抜かれる

ドラッグして範囲を選択し、四隅に表示される正方形内をクリックします。

尚、この状態から選択範囲を修正することも可能です。


四角内をクリックすると、切り抜かれます。

画像をレイヤーに合わせる

拡大・縮小した画像等、加工した画像とレイヤーサイズを合わせる方法です。

  1. 「画像」→「キャンバスをレイヤーに合わせる」

元の画像が以下の通り。

加工前の画像

拡大してもはみ出てしまいます。

拡大後の画像(見切れている)

「画像」タブの「キャンバスをレイヤーに合わせる」をクリックします。

「キャンバスをレイヤーに合わせる」画像

画像に合わせてレイヤーサイズが調整されます。

処理後の画像

対象箇所以外を暗くする

  1. 強調する範囲を選択する
  2. 「選択」→「選択範囲の反転」もしくはショートカット「Ctrl+I」
  3. 「色」→「明るさ-コントラスト」より明るさを現在の値から下げる

花を強調範囲とし、それ以外の範囲を暗くしてみます。

まず、花の範囲を選択します。

その後ショートカット「Ctrl+I」を押すと、範囲が反転します。

「色」→「明るさ-コントラスト」から明るさを調整すると、背景が暗くなります。

テキストを挿入すると、自動的にレイヤーが生成される

予め、レイヤーを挿入する必要はありません。

特に何も考えず、テキストを挿入すればOKです。

直線的な線を引く

「shift」を押しながら左クリックを押すと、直線が引けます。
鉛筆やブラシだけでなく、消しゴムでも可能です。

終わりに

今後も細々と追記していく予定です。
半ば備忘録のような内容ですが、それでもお役に立てたら幸いです。

IT, TIPSIT, Tips, GIMP

Posted by 行未