【Excel】見やすい表の作成に便利なExcelのテーブルのスタイルまとめ

2019年4月25日

今回はExcelテーブルのスタイルのまとめです。
テーブルのオプションと絡めて簡単にご紹介します。

そもそもテーブルとは

Excelにおけるテーブルについて大雑把に言いますと、
あるデータの集まりを「テーブル機能」によって、テーブル化したものです。

テーブルの機能は様々存在します。
その内の1つが背景色や配置、フォント等の書式をまとめた「スタイル」です。

要は「見た目」の一括変更と捉えても差し支えありません。

テーブルのスタイル一覧

テーブルのスタイル一覧は以下の通りです。

テーブルスタイルのギャラリー

全部で61種類存在します。(Excel2013検証)

以下はテーブルスタイルの中間9を選択したテーブルです。

中間9を選択した状態


テーブルスタイルのオプションも活用しよう

作成したテーブルには、様々なオプションを設定できます。
初めの列や最後の列の表示を見出しと同じにする、集計行を表示する…等です。

オプションの例

最初と最後の列を強調する場合

以下は、テーブルスタイルのオプションで最初と最後の列にチェックを入れた場合です。
見出し行の背景色と一致していることが分かります。

テーブルスタイルのオプション設定

集計行を表示する場合

「集計行」にチェックを入れると、集計行が表示されます。

デフォルトでは最後の列のみ集計行が表示されますが、空白部分のセルをクリックすれば表示されます。

集計方法も選択できます。「データの数」や「合計」、「平均」等ですね。

集計行について

終わりに

今回はテーブルの例をもとにご紹介しましたが、
スタイルに関しては、セル単体、グラフといったものもスタイルを選択できます。

是非ご活用頂ければと思います。

IT, ExcelIT

Posted by 行未