【Thunderbird】メールソフトの設定の注意点まとめ

2019年4月23日

Thunderbirdサムネイル画像

こんにちは、行未です。
メールソフトの設定がとても苦手です。

ユーザー名とパスワードを正しく入力している筈なのに認証ができない時の絶望感たるや。
今回はThunderbirdでメール設定を行っていたのですが、手こずりました。

今まで問題なく使用できていたのにも関わらず、いつの頃からか急にログインに失敗しましたというアラートが出てからというものThunderbirdは使っていませんでした。

設定の際には毎度おっかなびっくりで行ってますが、もう終止符を打ちたいので簡単にまとめます。

今回の例ではThunderbirdを引き合いに出していますが、OutlookなりWindows Live Mailなり他のメーラーの設定においても個人的なチェックシートになろうかと思います。

一応今回の設定状況について簡単にまとめておきます。

・IMAPで設定
・メーラー:Thunderbird Ver.60.6.1 (32 ビット)
・設定日:2019年4月10日

認証が上手くいかないときの対処方法

ユーザー名、パスワードを要確認

コピペで上手くいくときもあればそうじゃないときもあります。
後者であれば手入力も対策の1つです。

単に自分の入力間違いか、クリップボードから余計な情報まで引っ張ってきてないか等で原因を考えます。

Windows Live Mailについては、ユーザー名を全て入力していたはずでも、直後のテストで@以下が入っていなかったりする場合がありました。

大元のアカウントの設定を見直す(Gmail)

・IMAPを有効にしているか
・当該Googleアカウントの「安全性の低いアプリのアクセス」を確認する。

今回の認証が上手く行かない現象は後者でした。
IMAPの有効化だけでは認証できませんでした。

私の環境で設定を行いたい場合は、以下の画像の通り有効化を行うと良さそうです。

Gmailの設定画面でIMAPを有効にする

GmailのIMAP有効化画像

Googleアカウントのセキュリティの「安全性の低いアプリのアクセス」を有効にする

グーグルアカウントの安全性の低いアプリのアクセス画面

終わりに

手掛かりの一端にでもなれば幸いです。

尚、公式サイトによる設定方法の詳細はこちらです。

IT, TIPSIT, Tips, メール

Posted by 行未