働かずに食う飯はまずい

気分的にはね。

皆さんこんにちは。行未です。

退職前と現在の食事について少し考えてみたよっていう話です。

退職直前の食事

「退職直前の食事の時はどうだっただろう?」って今更ながら考えてみたんですね。

これに関しては、「栄養を採っているだけ」という感覚でした。

もっといえば、味もどうでもよかったです。

餓死しない程度に、かつ早く食べることが出来ればいいという感じです。

要は食事なんて心底どうでもよかったです。当時は。

何故か?

早く電気を消して布団に入りたいからです。

帰宅時間が遅くて睡眠時間を確保したいから、とかではありません。

もちろんそれも多少ありましたけどね。

要は少しでも多く何もしない時間を作りたいんですよ。

食事が終わった後は皿洗いがあります。

その後はシャワーを浴びなきゃいけないわけです。

で、この「シャワーを浴びる」が当時の私には苦痛だったんです。

でも浴びないわけにはいきませんよね?

「シャワーを浴びなきゃ」という焦りが自分の中にある内に食事を済ませたいんです。

シャワーが終わった後は、電気を消して布団へGOです。

一番早い時間で、夜の7時には電気を消して布団に入ってました。

その後は、スマホで「仕事辞めたいスレ」とか毎日見てましたね。最後の方は見る事すら億劫になりましたけど。

皆さんも帰宅した後の食事について、改めて考えてみると発見があるかもしれませんよ。

現在の食事

冒頭にも書きましたように、気分的にはあまり美味しくありません。

それでも、退職前に比べればまだ全然マシといったところですね。

そして、「何で気分的に美味しくないのか?」という理由についてですが、言うまでもありません。

現状働いてないからです。

フリーランスも含めて、世間一般の多くの方達は働いています。

「時間」を売ろうが、「スキル」を売ろうが、置かれている環境で努力してお金を稼いでいるわけです。

そして、その稼いだお金で飯を食ってるわけですね。

お金を稼ぐ手法に貴賤はないと私は思っています。自分の持っているものを切り売りして手に入れたお金ですから。

もちろん犯罪は別ですけどね。

私は現状そんな環境に身を置いていないわけです。

スキル、欲しいです。

働きたいけど、働くのが怖い、今はそんな感覚ですね。

「手のひらを太陽に」って歌をご存知ですか?

「ミミズだって オケラだって アメンボだって」のあの歌です。

辛いですね、あの歌聴くと。多分今本当の意味で生きてないですから、私。

終わりに

少々暗い話でしたが、ここまで読んでいただいてありがとうございます。

最近あれっ?って思う方は身近なところに注目してみるといいかもしれません。

個人的には爪の長さとか見るのもいいんじゃないかと思います。

それでは、この辺で。