入社して電話が嫌いになったという話

タイトル通りです。

本年度入社した社会人1年生の方、如何お過ごしでしょうか。

ビジネスマナー等の研修がひと段落すると、オフィス作業、あるいは先輩に同行しての挨拶回り等…

いわゆる本格的に会社に身をおいての業務をなさっている方がほとんどではないでしょうか。

そして、新人が直面する業務の1つとして、「電話応対」は例に漏れずでしょう。無くなってまえ

しかし、この電話応対、嫌いな人、苦手な人が多いとよく聞きます。私もです

ちなみに私の場合は以下の理由等々ですね。

  • 他の人が電話であたふたしている様を上司が小馬鹿にしている
  • 解釈の祖語が起こりうる
  • そもそも文章のほうが伝わるのでは?

私の場合、電話を嫌いになったのは一番上の理由なんですけどね、、、上司は私だけでなく色んな人を小馬鹿にしています。

それで更に委縮して電話するのが怖くなるという負の連鎖です。

ちなみに、他の社員からは「○○さん(私の上司)がいない時はすごいすらすらと話すね」と言われます。お世辞かもしれませんけどね。

いや、まあ電話の方が感情が何となく伝わりやすいとかは分かるんですよ、分かるんですけどね、、、

このご時世Skypeやらなんやら、面と向かって話せるツールとかあるじゃないですか。そっち使えばいいと思うんですけどね。

もっというとラインとかでもね。