【備忘録】Windows7の更新プログラムでスキャン to フォルダーが出来なくなった問題

2019年4月8日

この記事を書いている現環境はWindows10だが、友人に頼まれて対策を行ったので備忘録として。
※【追記】1月12日に下記問題を修正するための更新プログラムが公開されました。
こちらのサイトに分かりやすく説明されております。

【発生事項】

① 2019年1月10日(木)現在、「Windows 7 Service Pack 1」および「Windows Server 2008 R2 Service Pack 1」向けのWindows Update「KB4480970」の適用後、スキャン to フォルダーが利用できない状態に。
一部端末においては、スキャナ機器によっては、上記セキュリティ更新プログラムの適用後においても、そのまま使える模様。(こちらは原因不明)
尚、「KB4480960」の存在も同様に報告として挙がり、各所の反応を見たところ、こちらも存在する場合は併せてアンインストールする方が良いと考えられる。
② 上記プログラムのアンインストール後、重要な更新プログラムとして再度拾ってこようとする挙動あり。
上記プログラムをインストールしない設定を行う必要有り。

【対策】

① セキュリティ更新プログラムをアンインストールする

(1)「Windows Update」画面を開く
・Internet Exploler上部ツールバー「ツール」より「Windows Update」を選択。
・コントロールパネル「システムと機能」より「Windows Update」を選択。
(2)画面左下の「インストールされた更新プログラム」を選択

Windows Update画面(画像:東海大学 総合情報センター様より)

(3)下記画面検索窓にて、「KB4480970」と入力し、該当ファイルを検索
「インストールされた更新プログラム」画面(画像:Sprint Life様より)

(4)該当ファイルを選択し、右クリックでアンインストールする。

② 「KB4480970」をインストールしない設定にする。(一旦保留の形態)

(1)Windows Update画面にて、「○個の重要な更新プログラムが利用可能です」をクリック
(2)「KB4480970」を含むファイルのチェックを外し、右クリックで非表示にする。

【考察】

いずれにしても、Microsoft公式の返答が待たれる。
尚、「KB4480970」に関する情報はこちらを参照。