上司に言われた印象的な言葉を淡々と綴っていく

2019年5月20日

というだけのお話。

かなりどうでもいいですがタイトルは、上司「に」もしくは上司「から」のどっちが尖っている感じがあるかで少し悩みました。

(個人的には、「に」の方が何となく尖っている感じがします)

早速ですが、今回のタイトルでもある上司に言われた言葉についてですが、せっかくなのでいくつか列挙してみます。

一応備忘録兼ねて。

上司からのお言葉

・大分出来るようになってきたけど、調子に乗るなよ?

・アルツハイマーかよ

・馬鹿が(私に向けてではなく、第三者に対してです)

・この会社つまんない人しかいない

等々…

一応これ、私がいないときとかではなく、私を目の前にしての言動です。すごくないですか、これ。
入社して間もない私に言ってるんだから当時驚いたもんです。これらの言葉を聞いて以降、いつ辞めようかという思いばかり頭に浮かぶようになりましたが。
足元救われないようにしよう、とか忘れないように、という思いが裏にあるのかどうかはわからないですけど、一般的に見て割と攻撃的な言葉じゃないでしょうか。
まあ、何かしらの思いやりが裏にあったとしたら、こういう言葉は絶対に口に出ないはずですが。

こういう人は来世で悔い改めてほしい。